2013年07月27日

峡谷火まつり

最近いろいろとどたばたしており、この5日間ほど宿に泊まっています。
そんな中で、今日は層雲峡で峡谷火まつりを見たのですが、これが予想外に大変すばらしいものでした。
P1040913.jpg
この儀式は神泉奉納といって、温泉郷の6つの旅館の源泉を持った巫女さんが、お湯に感謝するために樽の中にお湯を注ぎこむというものです。初めて見ましたが、他の温泉地でもこのような儀式を行っているのでしょうか。
P1040991.jpg
このあとアイヌのフクロウ神事が行われ、その後アイヌ舞踊が披露されました。アイヌ舞踊もいろいろなところで見ましたが、今日踊っていた人たちの着物のきれいなこと。本来のアイヌのものかどうかはわかりませんが、深みのある青や緑色は、夢見心地にされられる美しい色合いでした。こういう色の服が、なぜなくなってしまったのでしょう。
P1050112.jpg
火まつり太鼓は技巧上も素晴らしいものでしたが、太鼓の前に滝の名を書いた札を配した舞台は、浪曲の舞台にも通じる味わい深いものでした。これも今の時代にあって非常に貴重なものだと思いました。
posted by onitoge at 23:10| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: