2012年10月28日

旭川にサケ

KIMG0001.jpg
今日,ツインハープ橋を通りかかったら,河畔の草が刈り払われてロープが張られ,見物人が数人いました。
KIMG0016.jpg
何だろうと思うと,サケが大量に遡上しており,産卵をしているのでした。
KIMG0008.jpg
日本海の河口から150kmほどを上ってくるのですから,すごいものです。旭川でずいぶん前から稚魚の放流をやっていたのは知っていましたが,サケが上ってくるのは夢物語かと思っていました。昨年48年ぶりに旭川までサケが来て,今年もということですが,本当にすごいことです。
posted by onitoge at 23:27| Comment(2) | 日記
この記事へのコメント
鮭!!すごいすごい。ひとつの文化ですね。
鮭が帰る土地に住む、というのがひとつの夢だったんだけれどな。


過去の記事にたわいのないことを何度か書き込んだのですが反映されていなくて、そのたわいのなさ故ではなく、どうやらホームページアドレスを書いていたのがいけなかったようです。
Posted by りえまん at 2012年11月06日 02:34
りえまんさんは鮭の町出身の方ですね。盛岡にも鮭が上ると聞いて驚きました。
今も毎日鮭が上っています。鮭が上る川を見ながら通勤できるのは幸せなことです。
山に戻った鮭は、熊などに食べられて、そうして森の土に帰っていくことで、海から川上に資源が循環していたのでしょう。そうだとすると、ダムを造った川の上流にある森の木は、切ってはいけないのではないかと、旭川まで来た鮭を見て改めて思いました。

過去の記事の書き込みはまったく気が付きませんでしたが、あまり変な書き込みがないところを見ると、サーバーのほうで厳しいフィルタをかけているのかもしれません。申し訳ありませんでした。
Posted by onitoge at 2012年11月07日 00:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: