2012年07月31日

旭川エスタ閉店

P1290035.JPG
旭川エスタが本日をもって閉店しました。昭和57年10月の開業で,工事中や開店したときのこともはっきりと覚えています。旭川駅前の大型店の中では唯一開店当時から知っている店で,まだまだ新しいと思っていたのに,30年という時のたつ早さに驚くとともに,一つの時代が終わったような寂しさを感じます。
P1290132.JPG
閉店に際していろいろな企画をやっていました。私も数々の閉店を見てきましたが,これほど力の入った閉店の迎え方をしている店は初めて見ました。各店舗の閉店セールも,丸井今井のときのようなガラクタを売っているというようなことはなく,通常の夏バーゲンの質を最後まで維持していました。
P1290195.JPG
COMMECA STORE ASAHIKAWA "10years history museum"と題したショーウィンドウ。力作です。ぜひ写真を拡大して見てください。
P1290077.JPG
4階には旭山動物園の資料展示がありました。これはどこかに移設してほしいものです。
P1290116.JPG
19時から雨天のため店舗1階で行われたサンクスコンサート。最後は来店者にも蛍の光の歌詞カードが配られ,バイオリンとピアノの演奏で歌ったのは感動的でした。
P1290162.JPG
最後は店員さんがずらりと並んで見送ってくれました。旭川エスタはもともとターゲットがかなり若いのですが,店員さんも概して若いです。それでもエスタへの愛着,その最後に立ち会えた誇りのようなものも感じられましたし,閉店はさびしいことですが,既に明日の夢を見ているような目の輝きを感じました。
P1290186.JPG
20時過ぎ,正面玄関での最後のお別れ。
P1290200.JPG
今日18時から先着300名にお菓子が当たったのですが,ずいぶんと豪華なものでした。結局全部ははけてなかったように思います。
30年という短い間でしたが,いろいろな思い出をどうもありがとうございました。
posted by onitoge at 22:30| Comment(2) | 日記
この記事へのコメント
エスタ閉店はとても寂しいですね。エスタはオープン時、西武(アムス)からテナントが移転したりテナント数はかなりありましたが、地元商店街と何かと制約があり地下に関しては開店を1年遅らせてられたり、オープンはしたものの食品の不振でファションに転換したりと試行錯誤な30年だったと思います。老朽化をひとつの理由としていますが駅前の商業ビルでは皮肉にも一番築年数が新しいのです。取り壊し後駅前の活性化に期待したいですね。
Posted by AT at 2012年08月01日 01:05
アムスが開店してからエスタが開店するまでの3年くらいが,たぶん買物公園の絶頂期だったのではないでしょうか。私たちの世代はちょうどその頃子供時代を過ごしていますので,原風景として買物公園の賑わいがあります。
その意味で,絶頂期を過ぎてからオープンしたエスタは不完全燃焼だったという印象はあります。
さすがにちょっと厳しいのではないかと思ったマルカツが,エスタの閉店によって復活の兆しが見えてくるなど,予想外の動きが続いていますが,良い方向に変わっていってほしいものです。
Posted by onitoge at 2012年08月01日 23:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: