2019年05月26日

夏の鬼峠

先週,5月18日のこととなりますが,念願の雪のない時期の鬼峠(2代目)越えが実現しました。

林道開通によって,鬼峠が使われなくなって1年余りの1961年秋,占冠村史執筆のための取材で鬼峠を越えようとした岸本翠月氏が
「筆者は単身ここを通ってニニウに越し、ニニウの人々の六十余年の苦心のあとを実際にふんで見たいという念願をすてなかったが『悪いことは言わぬ、熊が出るからやめろ』といってとめられてしまった」書いています。
それから58年,現在の状態がどうなっているのか誰もわからない状況でした。

P1040439.jpg
3月に行われた占冠村ヒグマミーティングの実行委員長さん,事務局の方にも同行をお願いし,5名で車道が通じている峠頂上からスタート。いきなり肩まであるササやぶに,これがずっと続くのかと一同さすがに驚きましたが,そんなはずはなく,入り口が若干ずれていただけでした。
P1040449.jpg
ほどなく,はっきりとわかる道に出ました。感動です。
P1040591.jpg
馬車が走り込んで深く掘れたような道が続きます。
妙にいい道になったかと思うと,それは後年作られた作業道で,よく探すとその傍らに,古い道型がひっそりと残っていたというような場所が,何か所かありました。
P1040734.jpg
ほぼで一定勾配で下り,谷間に出たところで最後の渡渉。水の深さを心配していましたが,短靴で問題なく渡れました。

途中何か所か崩落がありましたが,基本的にはいい状態で道型が残っていました。馬車道がそのままの姿で残っているのは貴重だと思います。これに,人の道である初代鬼峠と組み合わせると,素晴らしい古道トレッキングコースができそうです。問題は熊です。
道自体はあと50年くらいははっきりと道とわかる形で残りそうなくらいしっかりしていましたので,その間に何らかの技術的解決がなされ,熊がいても安心して歩ける時代が来ることを願っています。
posted by onitoge at 20:52| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: