2019年05月06日

殿様街道

ゴールデンウィーク後半は道南・福島町の殿様街道と,津軽半島を先端付近で横断する算用師峠を歩いてきました。
まずは,5月3日,第27回殿様街道ウォークへの参加です。
P1180343.JPG
松前から箱館に至る陸路が車道化されることなく山道として残っている区間で,菅江真澄,伊能忠敬,松浦武四郎など,江戸時代に北海道を訪れた人たちはみんなここを通っているという道です。
P1180447.JPG
現在は年2回のイベントでの通行に限定されているようですが,しっかりとした道で,何百年にわたり相当歩き込まれていた道であることがわかります。途中には廃止された松前線のトンネル跡や橋梁跡もありました。
P1180569.JPG
古道歩きのイベントととしては,道内でも最も回を重ねているものと思われ,2000年から実施されています。定員は50名でしたが,関係者を含めると100名近い参加があったようです。福島町の鳴海町長や渡島総合振興局長などそうそうたる人たちも参加しており驚きました。
主催メンバーの何人かは江戸時代の扮装をしていました。古道歩きのイベントといっても歴史に興味のある人は限られるので,正直バスツアーのような通り一遍のガイドを予想していたのですが,まったく予想に反して本格的な歴史解説でした。お話を伺いますと,この地の郷土史研究家として余計なことは話さずこの場所に関わりのあることしか説明しないようにしているとのことでした。そうでなければイベントも続かないし,だからこそ回を重ねるごとに新しい発見があるとのことでした。
P1180649.JPG
街道歩きが終わった後は,千軒小中学校跡の「あづま〜る」で,千軒そばをご馳走になり,松前神楽を鑑賞。松前神楽も昨年の国の重要無形民俗文化財指定で勢いづいています。この松前神楽がまた観光ツアー的なものではなく,地元の人でもめったに見ることがないという「翁舞」を含め,福島大神宮の宮司さん直々の解説で5演目が披露されました。福島町はこれまで縁もありませんでしたが,昨年の福島大神宮例大祭で四ヶ散米行列を見たところだったので,何か親しみを持って見ることができました。福島独特のものだという「ヨウソロー」という掛け声も生で体験できました。
P1180707.JPG
終了時間が1時間以上おしましたが15時18分千軒発の木古内行きバスに間に合い,北海道最古の温泉「知内温泉」で入浴できました。
P1180771.JPG
木古内で食事をして,新幹線で奥津軽いまべつ駅へ。新幹線ができてからこのあたりに来るのは便利になり,年に2回ペースぐらいで木古内には来ています。ここから先は2年前のゴールデンウィーンとほぼ同じ行程で,奥津軽いまべつ駅〜津軽中里駅間のバス「あらま号」と津軽鉄道を乗り継ぎ,五所川原の宿に向かいます。
奥津軽いまべつ駅ができたことで,西津軽,奥津軽方面が非常に行きやすくなりました。
盲腸線だった津軽鉄道も,「あらま号」で新幹線とつながったことで今では幹線の一部として本来の交通機関の役割を担っています。しかし,運行開始から3年がたって,奥津軽いまべつ駅と各地を結ぶバスは死に体で走り続けているような気がしないでもありません。地元でもかなり頑張ってPRしているようですが,もっと多くの人に訪れてほしいところです。
posted by onitoge at 18:16| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: