2019年05月02日

様似山道

いま時期は苗ものの管理があるため,2日間くらいしか家を空けられませんが,ゴールデンウィークの出だしに様似山道と猿留山道を歩いてきました。両山道とも,18世紀末に幕府により開削され,昨年国の史跡に指定されています。
P1170424.jpg
初日は様似山道を歩きました。えりもの旅館に前泊して,ちょうど開催されていた「うに祭り」と郷土資料館ほろいずみを見学した後,JRバスで幌満バス停に11:31着。ここから日高耶馬渓の難所を回避する山道に入ります。
P1170230.jpg
山道の半分くらいは苔むした電柱を見ながらの心地よい地道でしたが,前半は道なき道の沢登りとロープを伝って歩くような谷越えがありました。ただ点々と木に印がつけてあり,迷うことなく進めます。途中3名の方に会いました。
P1170255.jpg
日高耶馬渓の展望。山道にはお地蔵様,宿場跡などが残り,距離も約8kmとほどほど,途中昆布干場付近で一部舗装されている区間を除くとほぼ全線が地道であり,大変魅力的な古道でした。
東口の入林届出所を12時ちょうどに出発,西口の入林届出所に15:10着。
P1170455.jpg
さらにアポイ山麓自然公園まで4kmほど歩いて,アポイ岳ジオパークビジターセンターを見学,アポイ山荘で食事をして入浴し,18:28発のJRバスでえりもに戻りました。
P1170483.jpg
JRバスのえりも駅は隣にセブンイレブンができていました。2016年10月にオープンしたそうです。この影響もあってか,本町唯一の地場スーパー「サンマート」が昨年6月に閉店,岬地区のスーパー「マルチュウ鈴木商店」も今月いっぱいで閉店とのとこです。
以前の職場でえりもに現場があったため,えりもは何度か泊りの出張で来たことがありました。今回は11年ぶりのえりも。当時はいつも同じ旅館に泊まっていましたが,今回泊まった2軒の旅館は初めてでしたが,いずれもちゃんとした旅館でした。旅館がいくつもあってそれぞれが元気な町というのは頼もしいです。
posted by onitoge at 12:18| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: