2019年02月11日

北海タイムス物語

2年前に刊行された『北海タイムス物語』(増田俊也著、新潮社刊)が、今日からNHK-FMの青春アドベンチャーでラジオドラマとして放送されるそうです(月〜金、21:15〜、全10回)。
P1150914.JPG
北海タイムスは20年ほど前に廃刊となった北海道の日刊紙で、今では覚えている人も少なくなっているのを寂しく思いますが、特に富良野沿線などでは北海道新聞に十分対抗しうるシェアがあり、道新:タイムス=2:1くらいの比率だったはずです。私の家でも祖父はタイムス、父は道新と読み分けしていました。
P1150915.JPG
いまでこそ道新は電子版で地域面を全部読めるようになりましたが、つい最近まで道新では自分の住んでいる地域以外の北海道の記事が著しく少ないという欠点がありました。
その点、タイムスは晩年ですが、地域面に全道分8面を割いていた時期があり、新聞を取るならタイムスだと思っていたところ、1998年9月に廃刊となりました。当時、北海タイムスを置いているコンビニや売店もほとんどなくなっていて、最終号を地下鉄大通駅の売店まで買いに行ってNHKにインタビューされた一人でもあります。大学4年生のときのことでした。
P1150916.JPG
当日は各テレビ局がタイムスの廃刊をトップニュースにしていたことからも、北海道における影響力の大きさがわかるかと思います。
ただ、かなり無理をして新聞を出しているのだろうなとは常に感じていました。少人数の支局では記事に偏りがあったり、道新との競争意識による強引なスクープで嫌な思いをした人もいるのではないかと思います。当時のピリピリとした雰囲気を思えば、いまの道新一紙体制は実に平和ではあります。
『北海タイムス物語』を読んで、やはりそうだったのかと思うとともに、想像を絶する過酷な職場環境に驚きました。
P1150911.JPG
一方で、北海道の文化への貢献という意味で、北海タイムスは比類なきものがあったように思います。故・宮内令子氏による『北海道の女』は、この取材記事がなければドラマ「鬼峠」は生まれず、鬼峠フォーラムもなかったわけです。1986年北海タイムス社刊の『北海道秘湯・名湯・露天ぶろ』は、いまに続く温泉ブームの火付け役となった本でした。いずれも私の人生を変えた本と言って差し支えありません。
posted by onitoge at 20:27| Comment(1) | 日記
この記事へのコメント
北海タイムスはとても懐かしく感じますね。倒産した時は何でと思ったほどですね。
Posted by 高橋MAN at 2019年03月30日 08:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: