2019年02月10日

火の明かり

今年もスローフードしむかっぷの新年会に参加させてもらいました。
20190209150729.JPG
会場は昨年『廃材もらって小屋でもつくるか』を上梓された川邉さん宅の離れ。ようやく初めてお訪ねすることができました。まずは、餅つき。この下金山地区はもち米の産地ですが、そのもち米を薪ストーブの窯で蒸してつきます。私の実家にも木の臼はあって昔は餅をついたようですが、既に朽ちていて電動の餅つき機を使っていましたので、今になってこういう本物の餅つきを体験させてもらえるのは感動です。
20190209160038.JPG
食事は猪肉、ししゃものほっちゃれを干したの、酒粕の煎餅など、さすがにスローフードの集まりなので凝っています。
20190209160049.JPG
本にも書かれていますが、川邉さんは火を大事にされていて、家の内外のいろいろなところで火が燃えていました。驚いたのは、窓には南側だけガラスが入っていて、北側はガラスが入っていないこと。これで雪が吹き込むことはないそうです。昨日は最高気温が-10℃ほどの厳寒の日で、室内の空気温度は氷点下でしたが、それでも火があることでそれほど寒い感じはありませんでした。
20190209174001.JPG
日が暮れて、薪ストーブと火鉢、ローソクの明かりだけで新年会が続きます。この辺の地域では、地域の神社の祭りなどでも、こうした火の明かりだけの直会が行われているそうです。登山やキャンプなどではなく、日常の中にこうした風景が残っていることに感銘を受けました。

電灯が伝説やお化け妖怪などの不思議な話を消したとする説もありますが、こういう山の暮らしの中には、不思議な話がまだ残っているかもしれません。しかしながら今のところそういう話を聞いたことはほとんどありません。山の伝説には、内地と北海道で断絶があって、近代化時代の北海道と現在の北海道でも断絶があるようです。しかし、これほど本来の「生活」が残っている場所で、本当にそうした話が残されていないのか、単に誰も知らないだけではないかという思いもあり、残されているものであれば何とか見つけていけないかと思うところです。
posted by onitoge at 18:17| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: