2018年07月08日

快速ふらの・びえい号で

本日予想外の好天で富良野まで行って来ました。
P1090537.JPG
今年初登場の「快速ふらの・びえい号」。年々混雑度を増すノロッコ号の対策として、ノロッコ号の30分後を追いかけて走る臨時列車として設定されました。旭川〜富良野〜上富良野と乗りましたが、車内はかなり空いていました。
富良野線に特急型車両が走るのはヘルシーウォーキング号などがありましたが、準定期的にとなると、1996年の快速リゾート田園休暇やオホーツク9号の迂回運転以来ということになりますでしょうか。

P1090550.JPG
富良野市博物館から上富良野町郷土館に会場を移して始まった「松浦武四郎の十勝越えを歩く会2018」の成果展。最近各地で松浦武四郎関連の企画展が開催されていますが、川沿いや海沿いを辿った他の地域と異なり、旭川〜新得は6回の蝦夷地探検の中でもほとんど唯一の長距離の山越えだっただけに、いろいろな解釈が生まれ、他の地域とはまた異なった松浦武四郎の見方がここにはあると改めて感じました。19日には講演会もあります。

P1090659.JPG
帰りに旭川駅前のイオンに寄ったらフードコートに「そば処 花の家」さんがオープンしていました。西武B館10階に入っていた時代に、職場の懇親会で何度かお世話になりました。西武閉店後、5条の旭川フードテラスに移っていたのですが、6月28日にイオンに引っ越したそうです。フードコートに入る他のチェーン店とは一線を画す少々高級感のあるお店ですので頑張ってほしいですね。
posted by onitoge at 22:24| Comment(2) | 日記
この記事へのコメント
富良野マルシェは今とても人気みたいな話を聞きますね。中富良野のベストムも最近とても人気になってきているようですが、やはり夕張や三笠なんかは富良野はクルマで行くと近いですし、中富良野はベストムで欲しいものをまとめて買い物出来るのが魅力的だから富良野や中富良野に魅力を感じてしまいますね。岩見沢は駅前の西友が撤退して飲み屋しかないからなのか富良野や中富良野はとても魅力的に感じますね。岩見沢は遊園地のグリーンランドが有名ですが、買い物がしずらくなると富良野や中富良野に行ってしまうのは仕方ないことなのかなと感じます。栗山も中富良野に買い物に行く人が多いようですが、ベストムは人気なんですね。イオンよりも西條系列が大好きだというのはやはり西條グループは質がとても良くて値段も安いから魅力的なんですね。富良野も中富良野のベストムのおかげで栄えているのもあるのかなと思いますし、中富良野もベストムのおかげで栄えている話をよく聞きます。岩見沢の友人が岩見沢にもベストムという名前で良いから西條を誘致して欲しかったとこぼしておりますが、岩見沢も滝川同様にもう少し早く手を打っておくべきだったように感じます。三笠は富良野への裏道というのを生かしてまちおこしをしてますが、過疎化しているとはいえ、それなりに結果は出せれているのかなと感じます。
Posted by 高橋MAN at 2018年07月27日 12:49
今年は元日に営業する店が減りましたが、富良野沿線では中富良野のベストムが元日営業を行っており、やむを得ない事情により、元日に贈り物を買う必要があったものですから、ベストムに助けられました。
その贈り物にはいつもビールを買っているのですが、富良野ビンテージというビールは西條系列に優先して入っているという話を聞いたことがあり、せっかくなので富良野ビンテージを購入しました。
岩見沢から中富良野に来る人もいるということであれば、道道の美唄富良野線が再来年あたりに開通するという話ですから、人の動きもまた変わるのかもしれません。
Posted by onitoge at 2018年07月31日 22:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: