2018年06月16日

松浦武四郎関連企画展

運動会シーズンも終盤に差し掛かり、イベントが目白押しの季節がやってきました。北海道命名150年記念関連の行事も本格化しています。今日、一気に4か所を駆け巡ってみました。
20180616114958.JPG
今日から富良野市生涯学習センターで始まった「松浦武四郎の十勝越えを歩く会成果巡回展」。今年3月から4月にかけ、4回、延べ6日にわたり旭川から新得まで松浦武四郎が歩いた道を踏査した成果展です。私もはじめの3回参加し、展示には私の撮った写真も使っていただいております。かなり充実した展示内容となっており、今年数多く行われている松浦武四郎関係の企画展の中でも独自色の強い内容となっていますので、多くの方々に見ていただきたいと思います。
この後、上富良野郷土館、上富良野町社会教育総合センター、美瑛町でも巡回展が行われるほか、6月23日と7月19日には、山谷圭司さんの講演会もあります。
http://furano.sub.jp/uploads/myalbum_img_m/700.pdf
20180616143901.JPG
こちらは滝川の國學院大學北海道短期大学部でサマーフェスタの一環として開催されている「松浦武四郎蝦夷地を歩く」の展示。
ここの図書館には金田一京助先生が所蔵していた北方、アイヌ関係文献が寄贈されており、松浦武四郎の刊行本の現物がかなりの数展示されていました。
東西蝦夷山川地理取調図の地図もすべて揃っていました。明日6/17までの展示です。
20180616153829.JPG
滝川市美術自然史館で今日から始まった「高畑利宜のイシカリ探検・アイヌ美術の世界」。松浦武四郎に次いで上川地方を探検した人物にまつわる展示です。こちらも第一級の資料が多数展示され、気合の入った企画展となっています。8/26までの開催です。
http://www.city.takikawa.hokkaido.jp/260kyouiku/05bijyutsu/05tokubetuten/2018takabatake_toshiyoshi.html
20180616160552.JPG
最後は新十津川町図書館のギャラリーで開催中の北海道命名150年記念展「松浦武四郎とその時代」。明日は合田一道さんの講演会も開催されます。

國學院の展示に来ていた人たちが話していたのですが、三重県では松浦武四郎はあまり知られておらず、北海道ほど盛り上がっていないのではということ。まったく逆で、三重県全体で言うとそうかもしれませんが、松阪のように町全体が松浦武四郎で盛り上がっているところは北海道にありません。いろいろな側面のある人物ですから、それぞれどういう理解で松浦武四郎を見ているかということも、各地の展示を見る上で興味深いことです。
posted by onitoge at 23:40| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: