2018年01月22日

ベゴニア,パンジー播種

さて,日曜の朝,名古屋を発ち,道立近代美術館で「追悼特別展・高倉健」の最終日を鑑賞。来場者の半数以上は,どこか高倉健の雰囲気を感じさせる男性で,通常の美術館の展覧会とは違う雰囲気でした。
P1750633.JPG

まもなく春です。ベゴニア,パンジーの類は種を播かないとならないのですが,1月の土曜はずっと予定が入っていて,なかなか種を買いに行けません。
名古屋でも空き時間に種屋さんを巡ってみたのですが,どうしようもないレベル。名古屋も,大須観音のあたりを歩いてみて,北海道との文化度の格差を感じたのですが,種に関しては,北海道のほうが数段上ではないかと思いました。

花の種といえば,士別の大友種苗園さん。日曜は空いているかどうかわからず,一か八かで,特急を乗り継いで行って来ました。
P1750636.JPG
吹雪の中,空いていました。大きなそろばん計算してくれる帳場も健在。本当に花が好きでやっているのだと思いますが,こういう店が頑張っているのはうれしいことですね。
P1750639.JPG
ベゴニアが5種,パンジー・ビオラが3種,それぞれ約120粒,先ほど播きました。今年は庭がどのくらい使えるのかわからないため,昨年よりは若干やや少なめです。
種を播けば,8割方は育つわけで,園芸というのはずいぶん効率が良いというか,生き方としてそれで良いのかという疑問も感じますが,生活の場を花で飾ること自体は悪くないことだと思います。
ベゴニア,ハンジーの類は,今月中に播けば,十分鑑賞期間を確保できるかと思いますので,まだの方はぜひ種を播かれてみてはいかがでしょうか。
posted by onitoge at 01:12| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: