2017年10月14日

英語力

今日は北海道大学名和総長の講演会「世界的課題解決に貢献する国立大学の使命〜北海道大学の挑戦〜」を聞いてきました。
名和先生は出身学科の先生なのでなじみがありますが,こういう大きなテーマでの話を聞くのは初めてでした。
P1700878.JPG
講演の後,熱心な学生さんとの質疑応答がありましたが,20年程前に,同じく工学部長から総長になられた当時の丹保総長が,今日のような講演会でやはり学生とやりとりしていたのを思い出し,その内容に時代の流れを感じました。
あのとき丹保先生は学生に対して素養の大切さを訴えていたのが印象に残っていますが,今日の名和先生は,英語力の向上,特に若い先生方に英語力を求めたいと強調していました。

いまは内向きの時代ですから,とにもかくにも留学して英語を身につけよと叱咤しなければならないのはわかるのですが,日本語も英語もできる人ばかりの世界というのは,おもしろくない世界になるように思います。
コンピュータが,コンピュータができる人ばかりに扱われていた時代,コンピュータの世界は実におもしろくない世界でした。それが,20年程前,コンピュータができない人もコンピュータの世界に入ってきたとき,インターネットの中がとても魅力的になったのを思い出します。
人間の能力には限界がありますから,英語ができて,論文を書くことに長けた先生ばかりを集めていては,結局全体としてたいした研究はできないのではないかと危惧します。何でもできる先生もいるでしょうが,やはり数としては少ないのではないでしょうか。

AIによって言語の障壁がなくなる時代が目前に迫っている中で,なにをすべきかという議論がもっとあっていいように思います。
posted by onitoge at 22:44| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: