2017年10月10日

造園学会講演

20171007174103.JPG
10月7日,日本造園学会北海道支部の大会で,滝上の陽殖園の高橋武市さんの講演会があるというので行って来ました。陽殖園は2年前に北の造園遺産に認定されたとのことです。
造園遺産の審査員の人たちは,推薦した先生以外は陽殖園のことを知らないという体たらくでしたが,次元がまったく異なるのでそれでよいのだという気もします。
20171007153750.JPG
講演会は市民の人たちで大盛況。1時間半にわたり,たっぷりとお話を聞けました。
ただ,高橋さんの人柄であるとか,園そのものも魅力的なのですが,技術的な面にもっと注目すべきではないかと思うのです。高橋さんは,花がそこにいたいと思うところに置けばよい,花も心得ていて負けそうになったら花が頑張る,というような表現をしますが,まったく及びもつきません。このすごさは,庭で花を作っている人でないとわからないでしょうね。
陽殖園の将来については,誰かに渡して農薬をかけられて生き物たちが死んでしまうくらいなら,自分の代で終わらしたほうが良いだろうとのこと。何とも悲しい世の中です。
100やって1できれば良いというような人が出てくれば考え直すとのことでしたが,何とかそういう人が現れること切に願います。
P1700855.JPG
正直言えば,私も花に農薬を使うことはたまにあります。葉牡丹は今年青虫がひどく,薬をかけました。
20170910163955.JPG
薬をかけなかった,実家の葉牡丹はこのありさま。完全に葉がたべられて,もうだめかと思ったら,新しい葉が出て復活してきました。
P1700836.JPG
野菜は,農薬を使わなくても大概大丈夫です。ダメなのは,キャベツとオクラ。これはあきらめてます。
今年も紅葉の時期となり,トマト,ピーマンの類は大方終わりです。これから雪が降るまでは根菜と葉物が楽しめます。ネギも店で売ってるのより太くなりました。
リーキは軟腐病のような症状が出ています。調べてみると北海道では必ず出るものらしいです。軽症なら食べられますが,来年はないですね。
posted by onitoge at 00:08| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: