2016年09月18日

旭川の近況

ブログに書くのがかなり久しぶりになってしまいましたが,何とかやっております。連休も遠出の予定はありませんが,今日は2つ近場のイベントに参加してきました。
P1530994.JPG
まずは,滝川の太郎吉蔵で開催された「首相官邸の前で」の上映会。2011年の原発の事故後,約2年間のデモを追ったドキュメンタリーです。いい映画だったと思います。
P1530991.JPG
映画が終わった後は,トークシェアと称して,5つのグループに分かれ,1人ずつ映画の感想を話し,それをグループリーダーがまとめて発表するという時間を持ちました。映画上映会は,ただ見るだけで終わることが多いですが,これは良い企画だと思いました。
意外だったのは,当時デモのことはほとんど報道されておらず,デモのことを知らなかったという感想を述べていた参加者が多かったこと。私はテレビをあまり見ないので,デモが報道されていなかったという事実に逆に驚きました。
最後に,虹の巣村の村長さんから,世の中を変えるのは消費です,というお話があって,そのとおりで共感できるのですが,もし,原発に反対している人からしか物を買わなかったとしても,まったく世の中は変わらないのではと思います。原発をやめるのは良いとして,石油や石炭に頼っている限り,結局問題を先送りしているだけだと思うのです。この点は,あれだけの事故が起こって,何10万人がデモをやっても,まったく変わりませんでした。たぶん,人間自ら変わるのは無理で,近い将来,人間の代わりに人工知能が世の中を変えてくれるでしょうが,それを見越して今何をやるべきかを最近考えてます。
P1540014.JPG
19時からは,旭川のまちなかぶんか小屋で開かれた,「佐野漫談 ありがとう,旭川西武スペシャル」を聞いてきました。セゾン文化,渋谷系という視点から,関係するレコード鑑賞を交えてのお話で,最後は西武旭川店A館の前身である,旭川amsのイメージソング「女、キラキラ。男、そわそわ。」(作詞:糸井重里,作曲:矢野顕子)で締めくくりとなりました。旭川とセゾン文化という関わりで,もう少し詳しい話を聞きたかった気はします。

西武旭川店は,閉店セールとはいえ,なぜ閉店する必要があるのかと思うくらい活況を呈していますが,テナントの動きも見えてきて,閉店が現実として目前に迫ってきました。
P1530902.JPG
大きな動きとしては,オンワード系の衣料品のテナント約20店が,オクノに移るようです。紳士ものでいえば,五大陸とJ.PRESSしか旭川に残らないような話も聞いたのですが,結局私が良く利用している店はだいたいが残ることになったようで良かったです。地場のオクノが,起死回生の機を得たことも,これはこれで良かったですが,ただ百貨店ならではの食器,生活雑貨売り場,デパ地下がなくなるのは,非常に残念です。
あと情報誌によれば,オクノのユナイテッドアローズがフィールに移転,西武の無印は駅前イオンに移転,ロフトは撤退とのことです。人気のA館地下「なの花」は旭川駅内に移転,B館3階のアメリカンボックスもどこかに移転の模様です。
P1530963.JPG
最後に悲報です。「旭岳べんとう」が小さくなってしまいました。横長の長方形だった弁当箱が,縦のサイズはほぼ同じに,横幅を縮めて正方形になりました。北海道の駅弁としては,別格の内容で,私も20回くらいは買ったことがあります。今までが,値段の割に中身が濃すぎたのかもしれませんが,小さくなった分,中身が普通になってしまいました。






posted by onitoge at 22:40| Comment(4) | 日記
この記事へのコメント
旭川駅前はバブル前後が一番活気付いていたように感じますね。丸井今井も無くなりそれで西武が残ったとはいえ今度は西武も無くなりとなればやはりクルマ持っている人は東神楽のひじり野のベストムやアルティモールに買い物に行ったり高速バスで札幌に行ったりになってしまう傾向が強いですね。クルマ社会に対応出来て質が良くて安い東神楽のひじり野か高級ブランドの札幌かになれば余計旭川駅前はドーナツ化現象の傾向が強くなるので駅前近くに住んでる人も悲しいように感じますね。少年時代におじさんが住む神奈川に3回行きましたが、最近は北海道の人間が就職とかで道外に多数流れるとかがありますが、東京や神奈川の首都圏は北海道の人達には仕事に関してや私鉄とかの便利さに魅力を感じるのは多いと思いますが、東京や神奈川の首都圏の人達は北海道はいい所なのに何で北海道を離れて東京や神奈川に住むの?とか北海道の良さがわからないと言う人も意外と多いようですが、やはりクルマ社会対応と特色を活かしたまちおこしや雇用創出をしなくてはならないと思ってますが、寂れたらなかなか大変ですが、他の市町村でも人口は多くなくても栄えている所が頑張って景気を良くすれば不況のイメージの北海道が変わるのではないかと思いますね。
Posted by 高橋MAN at 2016年11月15日 11:50
売上高からするとバブル期がピークだったかもしれませんが,私の感覚からすると,バブル期にはおもちゃ売り場,楽器売り場,文具売り場,ゲームコーナーなど家族向けの売り場が縮小された時期で,既に一般市民の関心は駅前からかなり離れていたのではと思います。
あらゆる市民の関心が駅前に集まっていたという意味でのピークは,昭和53年の丸井今井移転新築,昭和54年のams開業後,昭和55年のイトーヨーカドー開店までで,昭和59年のダイエー開業で郊外への流れが決定的になったように思います。
しかしながらダイエーは既に10年前に閉店,イトーヨーカドーも風前の灯のようですから,移り変わりの激しい時代にあって,駅前はまだ頑張っていると言えます。
北海道らしさも良いですが,北海道にあっても,小さな東京のような場所を持つことは,そこに住み続ける人たちにとって重要です。そういう意味で,容易に駅前をあきらめてはいけないと思います。
Posted by onitoge at 2016年11月15日 21:38
西武が撤退してから旭川駅前より東神楽のベストムやアルティモールの方が買い物が魅力的だという話を西武撤退後に旭川市内の人達から聞きますが、郊外の大型店で一番魅力的なベストムやアルティモールは地場の小売業界の名寄市に本社のある西條で運営しているショッピングセンターです。西條は品質の良い物を安く販売する薄利多売と無料駐車場と路線バスで集客するショッピングセンターやホームセンターで買い物がとても魅力的なのでいつも客が多い上にまとめ買いする客がほとんどというほど人気の小売業です。買い物客を集めるには人をいかに多く集めてできるだけ多くまとめ買いしてもらえるかを考えていかなくてはならないのですが、旭川駅前はその工夫が出来なくて見栄と頑固さに走ってしまったから結果的に悲観的な考えになってしまうのかなと感じますね。東京や横浜はJRや私鉄や地下鉄が走っているから駐車場代が高くても商売としてなりたっていけるのでいいのですが、旭川は東京や横浜や大阪と比べてもJR以外バスしかない街ですし、やはりクルマの存在が大きいので無料駐車場や走りやすい道路でなければ人が集まらないから旭川駅前を見捨てて東神楽に向かってしまうのは真面目な一般庶民の志向だと感じますね。旭川のサンロク街もバブルが弾けた時にサービスが悪くなってボッタクリや不親切な態度になってつまんない歓楽街になって寂れて東神楽近くの東光や豊岡や永山のスナックや飲食店、あと末広地域のスナックや飲食店が安くて親切だから一度行けばまた行きたくなる郊外のスナックや飲食店という飲み屋や食べ物屋や喫茶店のドーナツ化という旭川は何でも郊外という空洞化の街になったから旭川駅前はつまんない街というイメージになったように感じます。サンロク街がダメだから川崎や横浜の歓楽街や郊外の飲食店に出ていくのもよくわかりますね。雇用までドーナツ化や札幌に取られるとそうなりますね。神奈川の親戚が旭川駅前のことを心配のあまり厳しく語ったのもよく理解出来ます。
Posted by 高橋MAN at 2016年12月24日 20:58
コメントを読んで,そうかアルティモールがあったかという感じを受けました。改めてそういう目で見てみたいと思います。しかし,アルティモールのような店であれば,名寄や富良野にもあるわけで,西武がなくなってしまえば,旭川に住む値もないのではと最近思い始めてきました。
店がなくなるなら,これからは通信販売の利用も仕方がないかと思いましたが,こちらはまた配送会社のほうが荷物の増加に追い付かない状況のようで,やはり消費生活そのものを見直さなければならない時代に差し掛かっているということでしょうか。
Posted by onitoge at 2017年01月04日 21:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: