2015年12月09日

鰹節

鰹節をその都度削って食べている人というのは10人に1人くらいいるのでしょうか。
冷蔵庫のない生活において,鰹節は数少ない常温保存が利く食品なので,私も以前から興味はあったのですが,先日のテッラ・マードレで鰹節屋さんの話を聴く機会があり,ついに鰹節を削って食べる生活を始めました。
P1360828.JPG
西武で本枯節を購入。100g当たり800円で,1本ずつ重さによって違う値段がついていました。重さ当たりで言うと,パック入りの削り節よりもむしろ高いです。ただ,かつおかれ節と言っている高級品以外は,カビ付けする前のものを削っているそうです。
P1360856.JPG
削り器はカンナ式のものしか知りませんでしたが,回転式のものが良いと聞いて購入しました。残念ながら近くに売っている店がなく,インターネットで注文しました。カンナ式だと小さくなってから削りにくいのが,回転式だとかなり小さくなるまで削れるのが利点とのことです。難点は力を入れてハンドルを回せる安定した広い置き場所が必要なことですが,流し台の下が空いていたので,そこに据え置くことにしました。
P1360853.JPG
今週は朝食のソバに,お隣さんからいただいた長芋をのせて,それに鰹節をかけて食べています。ソバは十割なので,基本的には何もつけないのがいちばんソバ自体の甘みが感じられて良いのですが,たまにこうした季節のものを添えるのもありかと思います。カツオの風味はやはり素晴らしく,体にも良さそうです。

昔はみんなこうして鰹節を削って食べていたものなのかと,近所の大叔母に聞いてみますと,鰹節は高級品のイメージで,出汁は煮干しで取ったものだと聞きました。そうすると,鰹節を削るなど身分不相応なことかとも思いますが,良い文化は実践して残していきたいものです。
posted by onitoge at 23:17| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: