2015年05月24日

スロウ 道特集

P1220525.JPG
今月発売の「スロウ」43号の巻頭特集「道の途中で」で、鬼峠越えが取り上げられています。
鬼峠フォーラムも9年の積み重ねがあり、参加者の思いも様々なものがあるので、記事にするのは大変だったろうなと思いますが、正面からの切り口でとてもよくまとめていただけたと思っています。

今年3月の鬼峠フォーラムには私は参加できなかったのですが、別に取材を受けてコメントを掲載していただいております。なお、「鬼峠は人の生きる道そのもの……」のくだりは細谷さんの受け売りです。また、参考文献に出てきていませんが、郷土史家の岸本翠月さんの書かれたものが随所で参考にされて記事全体の基調をなしており、さらに言えば、ニニウの地の霊が我々に語らせているという理解で読んでいただいたほうがよいかもしれません。

P1220526.JPG
ほかにも「スロウ」ならではの道が取り上げられていますので、ぜひ購入されてじっくりとご覧ください。

この機に、昨年のフォーラムの報告もアップと行きたかったところですが、間に合いませんでした。弁明したいこともあるので、鋭意作成します。

あと、スロウの記事の中で、「初代鬼峠」「2代目鬼峠」という表現が既成事実化していますが、これは私が言っているだけで、占冠方面ではまったく浸透していません。あまり好きな表現ではないという方も多いと思います。ただ、これ以外に明瞭に2つのルートを区別できる表現がなく、やむを得ず記事でもこの表現を使用したものと思います。
posted by onitoge at 20:22| Comment(4) | 日記
この記事へのコメント
スロウ買って、見てみますね!o(^-^)o
Posted by ミドリ★★ at 2015年05月27日 21:51
ぜひお願いします。明日は暑くなりそうですね。
Posted by onitoge at 2015年05月28日 21:44
スロウ見ました。鬼峠への愛を感じました。たくさん仲間が居て嬉しいですね!
Posted by ミドリ★★ at 2015年06月25日 06:43
スロウはどちらかというと女性向けの雑誌と思いますが,今回の道特集,鬼峠以外の道を含めて,紹介されているのは男ばかりですね。
Posted by onitoge at 2015年06月25日 22:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: