2018年03月21日

鬼峠フォーラム2018終わりました

3月10日〜11日、12回目となる鬼峠フォーラムを開催しました。
今年はいろいろな事情があって、やるやらないの話しがありましたが、12回続いたことは、ニニウの一つの歴史になったのかなと思います。
もっともニニウにもいくつものニニウがあって、住民にとってのニニウ、工事関係者にとってのニニウなどそれぞれのニニウがあり、最近では、キャンプ場の人気が再興してまた新しいニニウの世界を作っているように思います。
P1760949.JPG
そうしたそれぞれのニニウをつないでいきたいという思いがあって、今年は建築家の下村憲一さんをお招きして講演会を実施しました。下村さんは1980年代前半に計画されたニニウ自然の国構想の立案者、占冠村サイクリングターミナル(1984年開業、2013年解体)の設計者であり、その後もしばらく「ニニウの会」のメンバーとして山菜ツアーなどでニニウに関わってこられたとのことです。
村役場の担当者として当時ニニウ自然の国構想に関わった中村博前村長にも参加をいただき、ニニウ自然の国構想が生まれた経緯や、なぜニニウでサイクリングだったのかなど、非常に興味深いお話を伺うことができました。
当時、トマムリゾートの開発対応に追われる中、なぜニニウにこれだけの力が注がれたのかというのが第一の疑問でしたが、下村さんは「みんなが大事にしたいと思う基盤がニニウにはあるのではないか」とおっしゃっていました。そういうことだったのかと、ニニウへの理解が一段深まった気がしました。
P1770079.JPG
コミュニティセンター和室での交流会のあと地域カフェ「ぼっこてぶろ」にて。ここにはサイクリングターミナル解体前に有志が持ち出した椅子が置かれています。建物はなくなっても、椅子がこうして使われているのを見てもらえるといいねなどと話していたのは昨冬のことですが、それが現実となった夢のような一幕でした。椅子はデザイナーの高橋三太郎氏の作品だそうです。
P1770175.JPG
翌日は初めてニニウ側から2代目鬼峠を越えるという企画でした。ニニウ神社の雪下ろしは予定どおり実施。9日は占冠で道の駅が床上浸水するような大雨があり、神社のあたりから生々しい鉄砲水の跡があったのですが、ニニウ四の橋から400m地点で雪崩跡に遭遇し、その先は安全が確保できないと判断して、引き返すこととなりました。これでまた来年再挑戦しないといけないことになりましたから、課題を持って終われたことはむしろ良かったように思います。
posted by onitoge at 13:05| Comment(0) | 日記