2015年06月13日

札幌太人参

今日はスローフードフレンズを通じてご案内をいただいた,北海道食の自給ネットワーク・連続学習会第1回,種プロジェクト2015「北の伝統野菜を学ぼう!」に参加してきました。
P1220830.JPG
札幌から育った伝統野菜の数々について学ぶ会との趣旨でしたが,札幌発祥で取り上げられたのは,スローフードの味の箱舟に登録済みの,「札幌黄タマネギ」「まさかりカボチャ」「八列トウモロコシ」「札幌大球キャベツ」でした。

伝統野菜への登録というのは微妙な話で,登録されればその品種はがぜん注目される一方,登録外の品種との違いは何なのだろうかというひがみのような感情も生じてきます。

例えば「札幌太ニンジン」「札幌大長ナンバン」という,札幌の名が付き,それなりの知名度がある固定種でありながらもまったく表舞台に出てこない品種がありますが,これらの価値はどう考えられているのか,味の箱舟登録品種との違いは何なのか,尋ねてみました。

P1220856.JPG
まず,両者とも価値はあるものの,札幌太人参については,種が手に入らないとのことでした。採種を行っていた種苗商が廃業したことで,種が失われてしまったとのことです。
私も人参に関しては20数年来,札幌太人参一筋で作ってきました。これは,金時人参にはかなわなくとも,現在圧倒的多数を占めている向陽二号などに比べれば,はるかに人参本来の香りと味わいがあるからですが,現在販売されているのは,本来の札幌太人参ではないようです。

一方,札幌大長なんばんについては,まだまだ現役で作られており,絶滅の危機に瀕しているという基準に該当しないため,味の箱舟の登録対象にはならないとのことでした。
それはそれで良いことで,「伝統」の範疇に入る前に,もっと地域の野菜が親しまれるよう,関心を持っていきたいものです。

P1220842.JPG
午後からは第1回「北から暮らしのマルシェ」連携スペシャルイベント,映画『100年ごはん』上映会+大林 千茱萸監督トークショーに参加してきました。明るいアトリウムで大型液晶画面を使っての映画上映という斬新な企画で,大林監督のこの映画での狙いも直接お話を聞けて良かったです。
P1220847.JPG
「北から暮らしのマルシェ」は北3条広場で明日まで。ビーガンでも食べられる弁当とかおいしいものがたくさんありました。
札幌駅前通地下歩行空間の第3回「北から暮らしの工芸祭」は今日まででした。

YOSAKOIソーラン祭りもやっていましたが,もうすっかり下火になった感じで,暮らしのマルシェとかのほうがずっと賑わっているように見えました。時代は変わりました。
posted by onitoge at 22:06| Comment(0) | 日記

2015年06月10日

金星ストアー閉店

今日の道新ふらの地方版によりますと,富良野市の金星ストアーが今月末で閉店するそうです。
20060728175812.jpg
文具,書籍,おもちゃなどを扱う大きな店で,私も子供のころより大変お世話になりました。子供としてはやや敷居の高さを感じる店で,入るのに勇気が必要でしたが,祖父に連れられて地球儀を買ってもらったりしたのも思い出です。
P1220754.JPG
そして何より,金星ストアーといえば,パイロット社のルーズリーフを網羅的に取り揃えていたのが秀逸でした。全国を旅行し,各地の文具店を訪ねましたが,金星ストアーにかなうところは未だ見たことがありません。
P1220755.JPG
パイロット社のルーズリーフは,紙の色,書き心地,裁断の上品さの点で,マルマンやコクヨの製品では代えがたいものがあり,小学校のころよりもっぱらパイロット社製品を愛用していました。
月末には閉店セールがあるとのことで,久々に訪ねてみようかと思っています。
posted by onitoge at 23:24| Comment(0) | 日記