2015年05月05日

懐かしのオフ会

今日、北海道旅情報の井手口さんと旭川で久々にお会いし、石渡紅茶で少しお話しました。
思えば、ちょうど10年前のゴールデンウィーク、帯広で北海道の旅関連のオフ会が開催され、井手口さんをはじめ、様々な方と出会いました。活気のあったあの頃がただただ懐かしいです。
いまでは皆さんまったく疎遠になっています。

疎遠になったきっかけの一つはミクシィだと思っていましたが、今ではミクシィも廃れたそうですね。結局一度もお世話にならずに終わりました。ホームページやブログというのも、一昔前で言うアマチュア無線やパソコン通信のような時代遅れの手段になってしまった感があります。いまはツイッターが人とつながるメインの手段になっているそうですが、一方でまとまった情報は紙媒体に戻るのではという話もあったりして、状況を見極める必要がありそうです。

北海道の観光に関しても、5年くらい前から状況がずいぶん変わりました。動きが見えにくくなっているというのが、界隈の人の共通の意見。観光というよりも、よりローカルに地元の地域を楽しもうという動きが増えてきているのはたしか。最近は、大志など掲げなくても、それぞれが日々充実して暮らせるのがいちばんかなとの思いを強くしています。一方で、マニアックな人の存在はこれからも必要でしょうし、国立公園か世界遺産級の観光地を中心に、今後も変わらない観光形態はあるでしょう。
昨今の、鉄道趣味や廃墟趣味の大衆化も、界隈の人たちのインターネット上での活動が確実に下地になっていると思いますが、良かれと思ってやったことを今になって疑問に思うこともあり、これもよく考えて今後の身の振り方を考えていかなければならないと思っています。

5/16-17、久しぶりに東京ビックサイトでデザインフェスタを見てきます。
posted by onitoge at 22:43| Comment(2) | 日記

2015年05月04日

肥料過多

今日も2件の種屋さんをのぞいてきましたが(一応何か買物をしています)、今晩の雨予報を前に、種や苗を求める人で賑わっていました。
今年の春は2週間くらい早く進んでいますが、苗作りは追いつかないわけで、売り切れが続出していました。そのため苗屋さんもイライラ気味で、手押し車でよたよたとやってきたおばあちゃんが苗を求めるも、「無いの」と言われるのを何人も目にし、見ていて気の毒に思いました。
P1220422.JPG
このところ本当に良い天気が続いているので、一昨日に続いて液肥をあげたら、一日で見事にトマトの葉が巻いてしまいました。肥料過多の症状だと思います。500倍希釈が標準のところ2000倍希釈で与えているのですが。
畑に下ろしてからは有機肥料しか使いませんが、育苗中は二十数年来ハイポネックスを使っています。
大規模な養液栽培の場合、トマトでも驚くほど小さな培地で育っていますが、これは養液を完璧に制御しているからできることで、植物の生長にぴったりと合う養分を与えるのは素人には難しいですね。

なお、5年前の種を播いたオレンジキャロルは、発芽率はほとんど落ちていませんでしたが、発芽が新しい種より1週間近く遅れました。ダメかと思って、オレンジ千果の昨年の残り種を播き足したりして、結局8株のトマトの苗を仕立て中です。余るので潰そうかと思いましたが、もらってくれるという人がいたので、全部育てています。
posted by onitoge at 21:41| Comment(0) | 日記

2015年05月03日

樽前 arty 2015

今日は札幌、苫小牧方面に行ってきました。
P1220268.JPG
まずは上野幌駅から徒歩10分の雪印種苗園芸センター。18年ぶりぐらいでの訪問です。前回訪ねたときに、再訪の価値なしと判断していたのですが、それからだいぶん時間もたちましたので気になって出向きました。
結果として、種の品ぞろえに関しては、想像以上に貧相でした。私の知っている道内の種屋さんで比較しても、売っているたねの種類で上位10に入りません。さらに、中途半端に種を揃えているという以外に、種への愛情、思いというものが感じられないのが、いっそう印象を悪くします。これが大きな種屋だと思っている札幌の人も気の毒ですが、いかに地方の種屋さんが頑張っているかということですね。

ここで引き返せば、単なる時間の無駄になるところでしたが、今日のメインは、苫小牧市の樽前地区で開催されている樽前 arty 2015です。
http://tarumae.com/0000
http://tarumae.com/7116
P1220420.JPG
今日5/3から5/6までの開催。アクセスは苫小牧から登別温泉行のバスに乗り、樽前入口で下車、徒歩10分程度、またはJR社台駅から徒歩30分程度です。知らなかったのですが、地元出身のアーティストを中心にもう10年以上続いているイベントだそうです。
P1220300.JPG
会場は2つあって、1つは樽前小学校。現役の小学校の教室と体育館に作品が展示されています。最近のローカルなアート系のイベントでは、うまい、きれい、かわいいというだけで精神の宿っていない作品や、エリート芸術家によるいたずらに難解な現代アートが多いですが、ここは見ごたえがありました。
P1220379.JPG
もう一つの会場は、ギャラリーLEO。牛舎の中が樽前堂と称するアートショップになっており、20名ほどの作家の作品が展示販売されていました。アート系のフリーマーケットのようなイメージを持って行ったのですが、本気のアートで、数万円の値段がつくものがメインでした。地域に溶け込みながらも作品としては妥協していない姿勢が素晴らしいです。
人を選ぶアートイベントだとは思いますが、心の中に何らかの闇を抱えているような人にはぜひ行ってみてもらいたいと思いました。
P1220395.JPG
一日散歩きっぷで行ったので、ひと足延ばして登別温泉に行ってきました、さすがに連休で混んでおり、バスは往復とも満席で、日帰り入浴の夢元さぎり湯も大変賑わっていました。
posted by onitoge at 23:57| Comment(0) | 日記