2015年04月05日

栗山の種屋さん

トマト,ナス類の種まきの時期は過ぎましたが,葉菜,根菜,豆類はまだまだこれからです。

昨日は,道立図書館での資料閲覧のついでもあり,以前から気になっていた栗山の種屋さんに行ってきました。道立図書館から栗山へは夕鉄バス1本で行けますので,案外便利です。
IMG_8374.JPG
タネショウシードコンサルタント。これまで行った種屋さんの中では,野菜の種の種類が最大級でした。珍しいものがあるというよりも,全国のいろいろな種苗メーカーから優良品種を集めているという感じです。札幌近郊で直売所も多い地域ですから,いろいろな種の需要があるのでしょう。
IMG_8378.JPG
永池育種農場。こちらも野菜の種に力が入っています。ホウレンソウ,トウモロコシ,マメ,カボチャなどで,見たことのない品種がいくつかありました。独自の登録品種も持っているようです。

どちらの種屋さんも,栗山町の国道沿いにあります。

P1220186.JPG
昨日買った種。
葉ごぼう:奈良県橿原市のナント種苗の種。
丸葉青しそ大高:愛知県江南市の松永種苗による「松永育成」の種。
白月子蕪:奈良県天理市大和農園による「天理交配」種。
打木源助大根:金沢市松下種苗店の「加賀伝統野菜」の種が1コーナーをなしていました。その中から,以前から気になっていた,打木源助を購入。
ロンフーミニパクチョイ:東京武蔵野種苗園「武蔵野交配」種。「社長のおすすめ」とあったので購入してみました。
紫紅色の葉大根しずむらさき:静岡県石井育種場育成の固定種。種袋は福井県福種のものでした。
ちぢみこまつ菜:宮城県渡辺採種場による「松島交配」種。
ホウレンソウ・ユーパロ:栗山町永池育種農場のオリジナル品種。このほかホウレンソウでいくつか登録品種を持っているようです。名前からいかにもローカルな品種かと思いましたが,全国的にも知られているようです。栗山で開発された種が全国で栽培されているとはすごいですね。
posted by onitoge at 23:52| Comment(0) | 日記