2014年08月17日

ニニウと北海盆唄

いろいろ事情が急に変わりまして,盆の入り後,肝心の盆踊りには行けない日が続いておりました。
ただ,今日はどうしても行きたい盆踊り関連のイベントがあり夕張まで行ってきました。

P1190409.JPG
昨年の7月から,夕張教会を会場として,「夕張の歴史を見聞きする会」による鹿ノ谷ゼミナール(鹿ゼミ)が月1回開催されています。たまたま運よく知ったのですが,今日はその13回目で,テーマは,
「炭鉱の盆踊り唄考」〜北海道の炭坑節「北海盆歌」のはじまり〜
話題提供は,北海道教育大学名誉教授の吉田昭穂(源鵬)先生です。
P1190419.JPG
1992年に,三笠の幾春別で唄われていたベッチョ節が北海盆唄のルーツであると発表した先生で,今では有名な三笠の盆踊りや北海盆唄全国大会も,先生の学説を受けて実施されているものです。

冒頭,先生がなぜ民謡に関わることになったかというお話の中で,昭和30年にニニウに調査に入ったとき,部落の人から民謡を聞き,地元の人の中に入って話を聞くには,民謡を歌えなければだめだと思って始めたのだとのこと。いきなりニニウの話が出てきて驚きました。
P1190692.JPG
実は,個人的にこちらのほうに興味があったのですが,先生は道学芸大のニニウの調査団に参加されています。ゼミのあと,伺ったところでは,鬼峠も5回くらい越えたとのこと。
先生が当時ニニウに行かなければ,今の北海盆唄の隆盛もなかったかもしれないわけで,まったく運命的なものを感じます。

北海盆唄に話を戻しますと,都会型と炭鉱型の違いついて強調されていました。先生の著書の「いいたかふんじゃん北海盆唄考」でいうと,都会型がI型,炭鉱型がIII型の一類型になろうかと思います。I型がある意味簡略化されたのがIII型という印象も持っていましたが,伸ばし方,間の取り方,掛け声,それぞれに炭鉱型ならではの意味合いがあって,もっと積極的に都会型とは違う炭鉱型の唄い方としてとらえてよいというようなことでありました。

それから気になっていたことで,小樽高島の越後盆踊り,あるいは根室盆唄と北海盆唄とのつながりですが,これらは別物であろうと明言されていました。それぞれ,内地から道内に伝わり,古い形を残して今に伝えられたものの一つととらえられるのではないかとのこと。

また,参考として昭和13年の夕張の盆踊りの映像が上映されましたが,振り付けは,現在も歌志内で見られるべっちょ踊りとほぼ同じでした。なぜ歌志内のみ古い形の踊りが残ったのか不思議ですが,会場にいた夕張の方から,北海よされ節が入ってきたときに,踊りもおとなしいものに変わったという発言がありました。北海盆唄よりも前に,北海よされ節が道内を席巻した時代も確かにあったようで,とすれば,よされ節がどの程度その地域に入ったかということも,べっちょ踊りが今に残っているかどうかに関わりがあるのかもしれません。
posted by onitoge at 01:20| Comment(0) | 日記

2014年08月10日

花月地区納涼祭

数ばかりが増えても整理が追いつかないので,ここ何年かは行くべき盆踊りを選んで行くようにしていますが,今日は「北3条広場で盆踊り」を見てきました。
P1180963.JPG
「北海道で広く普及している『こども盆踊り』を、大友良英氏が曲をアレンジした新『こども盆踊り』などを予定」などという触れ込みがあったため,不安半分でしたが,原曲はほぼそのままに,生演奏の楽器のためにアレンジしたという感じで良かったですね。
http://www.onitoge.org/gazou/P1180969.MP4
それにしても,こども盆踊りをきちんと踊れる人がほとんどいません。やぐらの上の人は頑張って勉強して踊っていましたが,わざとかもしれませんが,シャンコシャンコの部分で腕を伸ばしすぎです。
20070901155607.jpg
↑が正調です。
子供盆おどり唄の演奏は1度のみで(オーケストラSAPPORO!の終了後に再度演奏されたらしいですが),ほかに様々な盆踊り曲が演奏されました。やぐらの上の人の踊りを真似しながら何曲もの違う踊りを踊るというのは,東京方面ではごく一般的なスタイルですが,このタイプの盆踊りは,踊っている人はそれなりに楽しいのかもしれませんが,踊りについていくのに必死で,自己の表現というところまではなかなかいかず,見ていて面白いものではありません。
踊りが単純なゆえ,個性が爆発し,踊り手と観客に一体感が生まれるのが北海道の盆踊りだと思います。

そういうわけで,不完全燃焼のまま帰るのも心残りだったので,砂川駅で途中下車してタクシーで新十津川の花月市街に向い,特別養護老人ホームのかおる園で行われた花月地区納涼祭に寄ってきました。
P1190063.JPG
この盆踊りが気になったのは,子供盆踊りの振り付けが刷り込まれた手の込んだポスターと,新十津川おどり保存会が参加するとの情報から。
内容は期待以上で,施設の職員の方が,子供盆おどりを完璧な振り付けで踊っていました。
P1190228.JPG
大人盆踊りは北海盆唄の生演奏で歌詞はオリジナルのものが多く,保存会の方が素晴らしい踊りを披露してくださったほか,合間に新十津川に伝わる伝統的な盆踊りが2つ紹介されました。

最近は本当に,各地域で盆踊りが盛んになってきています。ニセコ町の広報紙は今月号で6ページにわたる盆踊り特集を組んでいます。
http://www.town.niseko.lg.jp/goannai/20148.html
posted by onitoge at 22:51| Comment(0) | 日記

2014年08月08日

アリーナチロル納涼盆踊り

P1180484.JPG
盆踊りを見に行っているどころではないのですが,今日歌志内で開催されたアリーナチロル盆踊りというまったく知名度のない盆踊りが気になり,急遽見に行ってきました。
素晴らしい盆踊りで,行って良かったなと思っています。P1180570.JPG
会場には,テーブルとイスがずらりと並び,同じ年恰好の男子が大勢いて異様な雰囲気だったのですが,愛知県中部大学野球部合宿の歓迎セレモニーを兼ねた盆踊りだったようです。
今帰ってきて,ゲストの香澄さんのブログを見ると早速今日の様子がアップされており,そう書いてありました。
http://ameblo.jp/kamomeland/entry-11906360066.html
市や町内会のけっこう上役と思われる方が,大学生に給仕したり,射撃やヨーヨーの出店を出したり,至れり尽くせりでした。

盆踊りは,さすがに歌も太鼓も一流です。踊りは盛り上がりの度合いに応じて通常の踊りとべっちょ踊りを使い分けているようなのですが,なぜか旧産炭地の中でも歌志内だけべっちょ踊りのかなり原型に近いと思われるものが残っていて,若い人でも踊ることができるようです。これを歌志内の人に聞いても,昔から踊っているというだけで特別な意識はないようですが,これこそ生きた文化だと思います。
歌詞はこれまた道内でもダントツに過激なものがいくつか歌われています。

大学生たちは踊りの輪にも時折加わり,それなりに楽しそうではありましたが,こういうものすごい文化を体験しているということを,果たしてどのくらいわかったでしょうか。

歌志内市もついに人口が4000人を切りましたが,盆踊りはいまも市内7〜8か所で行われています。
ふるさと歌志内納涼盆踊り
http://www.onitoge.org/bonodori/2013utashinai.html
納涼チロルの盆踊り
http://www.onitoge.org/bonodori/2010tirol.htm
神威地区盆踊り
http://www.onitoge.org/bonodori/utashinai.htm
http://www.onitoge.org/bonodori/2007kamoi.htm
http://www.onitoge.org/bonodori/2010kamoi.htm
文殊第三町内会踊り
http://www.onitoge.org/bonodori/2007monju.htm
文殊新泉町内会盆おどり大会
http://www.onitoge.org/bonodori/2013monju.html
上歌納涼子供盆踊り
http://www.onitoge.org/bonodori/2013kamiuta.html
中村盆踊り大会
http://www.onitoge.org/bonodori/2013nakamura.html
posted by onitoge at 00:33| Comment(0) | 日記