2014年06月10日

らべとん、ラベさん

P1150066.JPG
6/7に占冠でセミナーがあり、ちょうど時間がよかったのでこの日から運行が始まった富良野・美瑛ノロッコ号で行ってきました。何だかんだでほとんど毎年運行初日に乗っています。
今年はなんとSLけん引が復活しました。一昨年は機関車の不具合で中止、昨年はそもそも予定がなかったので、初日としては3年ぶりのSLけん引です。
出発式には上富良野町から「らべとん」、ファーム富田から「ラベさん」が参加していました。ラベさんはファーム富田の外に出たのが初めてだそうです。
P1150089.JPG
美瑛駅のホームには「かけ丸」君がいました。いまどき珍しいスリムなゆるキャラだと妙に思いましたが、ちょうどこの日開催されていたヘルシーマラソンのキャラクターだということでした。
ノロッコ号なので、着いたら顔か真っ黒というのが大げさではないくらい、車内にも豪快に煙が入ってきます。

上富良野で降り、車を借りて占冠へ。
P1150129.JPG
「創造的過疎」に学ぶという村づくりセミナーは、徳島のNPO法人グリーンバレー理事長の大南先生を講師に、そうそうたるパネリストが参加しており、村の人たちもたくさん来ていました。
地域にとって必要な人たちに積極的にIターンしてもらうという取り組みが紹介されました。最近、どこでどういう生き方をしようと、その人自身や周りの人たちが充実して生きられることが重要だと思っており、こういう取り組みはどんどん進めていけばよいと思います。
ただ立ち止まってみると、鹿肉はどんどん食べようといわれながら、本当にみんなが食べ出したらあっという間に絶滅する、再生可能エネルギーとしてのバイオマスも、いまはどんどん使いましょうと言っていますが、本気で使えば山はすぐはげ山になります。Iターンもみんながしだせば環境への影響などいろいろな問題が出てくるはずで、このような取り組みは微妙なバランスの上になりたっているのだと思います。そのような中で、皆が幸せになるにはどのようにしていくのが良いのか、思案のしどころです。
posted by onitoge at 23:43| Comment(0) | 日記