2013年04月28日

昆布巻きを作ってみた

今日も最低気温2℃,最高気温6℃と,庭を耕すことができずに困っています。
ただ一つ嬉しいのは,外が天然の冷蔵庫になること。冷蔵庫を持っていないと,こういう天気でなければ食べられないというものがあります。

今日は,初めて昆布巻きを作ってみました。
コンブもいろいろあって,高級な利尻コンブや羅臼コンブは出汁をとるのには良いらしいですが,昆布巻きに向くのは,釧路から根室で採れるナガコンブとのことです。
P1000684.JPG
それで買ってきたのは,根室は貝殻島産の棹前ナガコンブ。くしゃくしゃの棒のようになっていて,昆布巻きを作るのに幅が足りるのだろうかと心配でしたが,水で戻すと太いところで15cmくらいあって十分すぎました。
P1000683.JPG
中に入れるのは,米のとぎ汁に1晩浸した身欠きにしんです。むかし北海道では,どこの家庭でも,春にニシンを箱単位で買って身欠きにしんを作り,干したニシンを狙うカラスを追い払うのが子供たちの仕事だったと聞きましたが,店で身欠きにしんを求めるとアラスカ産しかありませんでした。今年は北海道でもニシンが豊漁だったのになぜなのでしょう。
P1000699.JPG
出来上がった昆布巻きは,食感はそれなりでしたが,最初,味が薄かったです。醤油や砂糖を大量に入れないといけないのですね。これは,あまり食べると高血圧や糖尿病になりそうです。
昆布巻きはたくさん作ったので,ベランダで冷蔵保管して,今日と明日は毎食食べることになります。
posted by onitoge at 20:37| Comment(0) | 日記