2012年11月14日

幻の放浪記

森光子さんが亡くなったそうです。
horoki.jpg
実は,2008年2月に放浪記の公演を見に行く予定で,チケットをとっていました。
ところがこの日,鬼峠ミーティングが開催されることになり,行けなかったのです。代わりに父に見に行ってもらったので,それはそれで良かったのですが,結局放浪記公演を見る機会がなかったのは悔やまれます。

我々の世代は,総理大臣といえば中曽根さん,横綱といえば千代の富士,オリンピックといえばカールルイスといった時代に少年時代を過ごしました。では,芸能人といえば誰かというと,森光子さんではなかったかと思います。
本当かと思われるかもしれませんが,実際,NHKの好きなタレント調査では,昭和56年から61年までの7年間のうち,5回1位になっています。
P1320470.JPG
紅白歌合戦の司会もこの昭和53年の後,昭和59年にも担当されて,この頃がいちばん脂ののっていた時期だったのではないでしょうか。我々の世代はドリフターズとのコントでなじみが深いのですが,森光子さんの絶頂期に少年時代を過ごせたことを幸せに思います。
ご冥福をお祈りいたします。
posted by onitoge at 23:56| Comment(1) | 日記

2012年11月11日

デザインフェスタ1日目

久々にプライベートで東京に来ています。
P1320382.JPG
メインの目的は東京ビッグサイトで開催中のデザインフェスタです。年2回の開催ですが、今回は1年半ぶり、5回目の観覧になるかと思います。いまは地方に住んでいても、あまり文化的な遜色は感じないのですが、このデザインフェスタだけはどうしても、このイベントでなければ味わえないものだと思います。
ただ、この数年で徐々に作品がおとなしく無難なものになってきているのは確かだと思います。それが、時代に余裕がなくなってきたためだとしたらさびしいことです。

P1320420.JPG
夜は、東京芸術劇場で開催中の寺山修司原作「上海異人娼館」を観ました。東京で演劇を観るのは世田谷パブリックシアターの三文オペラ以来5年ぶりです。
ストーリーはよくわからなかったのですが、終盤に登場した吉田日出子さんのオーラがすごかったです。その存在だけで涙が出てきて、体が芯から震えて終演後しばらく席から立ち上がれなくなる、演劇でそんな感覚に陥ったのは初めてです。
P1320427.JPG
終演後、黒色すみれのお二人がCDを販売されていて、今日のために買わずにおいた「すみれ詩手帖」にサインをいただきました。劇中で何度も存分に演奏を聴かせてくれましたが、小さな劇場だったので、1曲でもいいからマイクなしで生で聴きたかったと思いました。
posted by onitoge at 00:20| Comment(0) | 日記

2012年11月04日

パンジー仮植え

盆踊りを1本更新しようと思っていましたが,いろいろ立て込んでおりできませんでした。

残暑のため,遅れに遅れていたパンジーの播種ですが,例年の1月遅れで9月23日に播種。
P1320354.JPG
まだ苗は小さいのですが,今日花壇に仮植えしました。植え付け時期としては例年の1週間遅れくらいかと思います。
P1320355.JPG
今年はリスクがあるため,昨年より株数を減らして,84株,うち69株を旭川に,15株を実家に行って植えてきました。

先日NHKの趣味の園芸で,「はじめが肝心!パンジー・ビオラ」という特集があったので,見てみたのですが,花の咲いた苗を買ってきて,植えるときに切り戻しをするというやり方をしていました。何が「はじめが肝心」だと憤りを感じました。花を咲かせるまでが園芸の楽しみというものです。
P1320372.JPG
7月から8月にかけて,パンジーの種を求めて道内の種屋さんを5軒ほど巡りました。結局,パンジーにはあまり珍しい種などないのですが,この時期どれだけパンジーの種を置いているかで種屋さんの姿勢が見える気がします。わかっている店は,今こそパンジーという感じで,パンジーのコーナーを作ってあります。
買う客もよほど珍しいのか,帳場に種袋を持っていくと「いつも今頃パンジーを播いているのですか」と確認してから売る店,「パンジーにはまだ暑いですね〜」とそれとなく試してくる店,「種は何に播いてます」と聞かれてピートバンだと答えると,ピートバンはムラが出るのでよくないからとソイルミックスを勧めてくれる店など,いろいろです。
雪の下で冬を越して春一番で花を咲かせるというのは,雪国だからできることですので,もっとこのやり方が普及するとよいのにと思います。
posted by onitoge at 23:47| Comment(0) | 日記