2012年07月09日

ガーデニング

6月16日の旅行記を仕上げたかったのですが,まだ先が長いので,いったん切り上げます。
ガーデニングについて,思うところを少々書かせてもらいましたが,私の場合,一年草主体にならざるを得ないのは,自分の土地で庭を作ったことがないという事情もあります。常に来年はあるかないかという状況の中で作ってきました。その経験から言えば,やはり土地を持つということは重要なことのようにも思います。

P1280232.JPG
ラグラス・バニーテールが開花しました。目立ちませんが淡い緑色がさわやかです。

P1280237.JPG
パンジーは今年は数が多いので,花がらを摘むのをやめましたが,まだ旺盛に咲いています。この辺はさすがに改良が尽くされた園芸品種で,子孫を残すという仕事を終えてもなお咲き続けています。例年7月20日前後にパンジーを撤去していますが,今年はどのくらいまで粘れるでしょうか。株間から伸びてきたサルビアの赤も目立ってきて,ちょっと色合いがくどくなってきましたがこのままもう少し様子を見ることにします。
P1280242.JPG
かぼちゃも開花しました。まさかりかぼちゃという味の箱舟認定品種です。
posted by onitoge at 00:15| Comment(0) | 日記

2012年07月04日

夏の花

暑い日が続いています。夜の気温もようやく15℃を上回るようになり,多くの植物にとって育ち盛りの季節が訪れました。ただ,さすがにこの辺で一雨来てほしいところです。
花もどんどん開花しています。
P1270723.JPG
サルビア・アカプルコ。パンジーの後作に植えています。今年タキイ種苗から発売された注目の新品種で,晩秋まで咲き続けるということでこれから楽しみです。
P1270735.JPG
ヘリクリサム・カシアナムローズビューティー。ヘリクリサム は帝王貝細工とも呼ばれて,派手なドライフラワー向けの花がよく知られていますが,それとはずいぶん異なる,小さな花でした。
P1270741.JPG
イソトマ・アバンギャルドブルー。世界初の一代交配のイソトマだそうです。
P1270726.JPG
じゃがいも・レッドムーン。じゃがいもは花の色で種類がある程度わかりますが,初めてこの種類を作ったとき,道行く人が見たことのない色だといって種類を尋ねてきたことがありました。
posted by onitoge at 22:57| Comment(0) | 日記