2011年07月16日

畑に平和を

旭川に来て以来,いくら庭を花で飾っても,何か殺伐としている気がします。実家で畑をやっていたときは,蝶やトンボ,カタツムリやてんとう虫,スズムシにコオロギ,土を掘ればミミズやオケラさんがたくさんいました。こうした虫たちがたくさんいる畑というのは,いかにも平和な感じがします。
ところが,今作っている花壇にはこれらの虫が全然いないのです。いるのは蟻とシラミくらいです。

IMG_8971.jpg
そんな中でも,うちの花壇に来てくれるありがたいお客さんはハチさんです。マルハナバチというのでしょうか。今朝もどこからか5,6匹来て花の蜜を吸っていました。

IMG_9004.jpg
午後から富良野方面に行ってきました。実家の花壇は3週間ほど放置していたので心配でしたが,草が茂りつつまあまあ花が咲いていました。
IMG_8996.jpg
実家の花壇にはやっぱりでんでん虫さんがいました。

新聞にも載っていましたが,上富良野の雨はすごかったようです。車窓から見える畑もまだ水がたまっているところがずいぶんありました。実家の向かいの畑は窪地ということもありますが,プール状態で今日になってようやく水がひいてきて,トウモロコシの穂先が水面から顔を出しているような状況です。

ファーム富田や彩花の里の横も通りましたが,ラベンダーはまだ少し早いようです。ただ,今年のラベンダーはあまりきれいではないかもしれません。
posted by onitoge at 23:58| Comment(0) | 日記

2011年07月15日

サルビアの話

今日は年に1度あるかどうかの大雨でした。朝のニュースで富良野線の上富良野〜西神楽間が大雨のため徐行運転していると言ってましたが,その区間を3年間通学していて雨で列車が徐行したという記憶はありません。

IMG_8944.jpg
さて,写真は昨日撮ったものですが,サルビア・ホルミナムです。咲いたのかどうかはっきりわからない微妙な花ですが,地面に花びらがたくさん落ちているのを見ると,もう十分に開花しているといって良いようです。

サルビアといえば,一般的に植えられるのは花が真っ赤な品種と,ラベンダーと間違われることも多いブルー系の品種ですが,実はいろいろな花色があって,奥の深い花の一つです。

IMG_8960.jpg
サルビアといって思い出すのは,このサルビア・ドレスパレード若姿です。種袋の説明には「今までにない明るい美桃色」とありますが,実際には赤が色あせたような独特の色で,こんな色の花があったのかと驚いたものです。

IMG_8959.jpg
1994年に作った当時の写真が残っていました。この種は今も細々と売られているようなので,手に入ればまた植えてみたい花の一つです。

IMG_8961.jpg
この種袋ですが,生産者が坂田種苗株式会社となっています。既に1986年に坂田種苗からサカタのタネに変わっているので,1994年当時,8年も前の種を売っていたのか,種袋だけ古いまま使っていたのか謎です。
posted by onitoge at 01:25| Comment(0) | 日記

2011年07月13日

野菜の近況

先週末から梅雨のようなじめじめとした天気が続いています。園芸植物は概して乾燥を好む種類が多いので,こうした天気が続くと悪い病気がつかないか心配になります。
前回のブログでカボチャの花を載せましたが,他の野菜もどんどんと育っています。
IMG_8936.jpg
ミニトマトは色づき始めました。あと2,3日で収穫できるでしょう。昨年の記録を見ると7月12日初収穫とあるので,若干遅れてはいますが,春先の寒さで苗がぼろぼろになったところからはだいぶん挽回しました。
トマトは大概の園芸書で脇芽を全部とる1本仕立てを推奨していますが,私は毎年第1花房下の脇芽を生かした2本仕立てとしています。

IMG_8939.jpg
大豆も先日花が咲いていたと思ったら,もう実がついていて驚きました。昨年は全部大豆になるまで置いておきましたが,今年は枝豆としても収穫してみようかと思います。
ところで大豆はこの20年来ずっと1本立ちで作っていたのですが,あらためて農家の畑に植わっているのを見てみると,ほとんど2本立ちか3本立ちで育っているのです。調べてみると大豆は2本立ちが標準でそのほうが収穫も多くなるそうです。大豆はどちらかというと緑肥としての意味合いで作っているのでまあよいのですが,損した気分です。

IMG_8934.jpg
今年作っている花野菜の中で,最もうまくいっていないのがトウモロコシかもしれません。八列とうもろこしという在来種なので,強いだろうと思ってあまり手をかけていなかったのですが,結構繊細な品種でした。8本植えたはずが,まともに育っているのが4本です。
とうもろこしは1本立ちがスタンダードだと思っていたのですが,宮本常一の「日本人と食べ物」という論考に,「この作物はご承知のように茎1本に必ず実が2つなります。これを畑に植えるときには,たいてい2粒ずつ種を落としますから2本生えます。そうすると1株で4つずつ実がつくことになって,その上栽培も楽なのです」とあったので,今年初めて2本立ちで作ってみました。
posted by onitoge at 23:40| Comment(0) | 日記