2011年06月11日

植物工場

パンジーを長く咲かせるためには,種がつかないよう咲き終わったらすぐに花がらをつみ取ることが肝要なのですが,3日もさぼると花がらでかご一杯になります。
IMG_8691.jpg
ようやく株が張ってきたと思ったパンジーも,水,木の真夏並みの暑さで弱り気味です。プリムラは完全に花が終わりました。去年40株作って,わずかに4株だけ夏を越したデージーも,先週開花したと思ったら,もう暑さでしおれてしまいました。今年は本格的な春が来る前に,夏が来たという感じです。

IMG_8698.jpg
昨日は,北海道銀行主催のアグリビジネスフォーラム2011「植物工場が拓く北海道の未来」に参加してきました。主催者も驚くほどの盛況でした。少し前に講演を聴いた日本銀行の人も,オランダの植物工場の話しをしていましたし,銀行が真剣になるということは,たぶんこれからちょっとした植物工場バブルが来るのではないでしょうか。

今回,いろいろな講師の講演を聴いて,植物工場というのは,技術として非常にクリアで,嘘がないという印象を持ちました。ある限られた条件においてですが,電気など大量のエネルギーを使ってでも植物工場が合理性をもつ分野はたしかにあると思いました。

IMG_8730.jpg
写真は完全制御型植物工場のデモですが,省エネ化のため植物の成長に必要な光だけを照射するとこういう色になるとのこと。葉っぱが黒く見えるのは,光を葉が全部吸収している証拠です。完全制御型で実用生産されているのは,主に光飽和点が低いリーフレタスですが,品質の安定性が極めて高く,虫の心配もないというのは,外食産業にとって非常なメリットだと思います。

一方,太陽光利用型の植物工場ではトマトが主要な作物になっているようですが,従来のハウス促成栽培のように,重油をがんがん焚いて,農薬を使い,しかも青いうちに収穫して遠くから運ばれてくるトマトに比べれば,近場の植物工場で作られ,無農薬で完熟収穫されたトマトのほうが健全のような気がします。

もちろん,米や麦,ビートなどを植物工場で作ろうということには将来的にもならないと思います。逆に植物工場の課題といったらなんでしょう。

一つは,施設が日本の業者に作ってもらうより,オランダから施設丸ごと輸入したほうが,何分の1かの費用で住むそうで,日本としてほんとにそれで良いのかということがあります。あと,植物工場で事業を始めるのに,農業の経験は不要だと思いますが,やっぱり土づくりからの農業を知っている方に担ってほしいと個人的には思います。
posted by onitoge at 21:59| Comment(0) | 日記