2011年05月27日

週刊ブックレビュー

IMG_8538[1].jpg
今週は暖かな日が続き,パンジーの花数も多くなってきました。手前がビオラ,奥がパンジーで,それぞれ単色で揃えたはずなのですが,かなり色幅があって,かつ遠目にはビオラとパンジーの区別が付きません。
やっぱりパンジーは青系のほうが色映えがして良かったかと反省しています。

花壇は,それなりにこだわって作っているつもりですが,周辺からは結構辛辣な評価をされています。例えば,

・同じ色の花ばかりじゃないか
→たしかにそうなのですが,同じ色で数を揃えるというのは,実は難しいことなのです。苗を買えばお金がかかりすぎますし,種から育てるにしても単色の種は専門の種苗商に行かないと手に入らないものが多いです。

・(今の時期に見て)今年は寂しいな
→チューリップ,ムスカリ,水仙などの球根花壇と比較してそうおっしゃるのでしょうか。球根というのは,何もしなくとも毎年花が咲くので,育てる立場としては育てがいがないものです。ファーム富田も上野ファームも,花が賑やかになるのは7月になってからではないですか。

・花しか作らんのか。野菜はないのか。
→私もある時期には,野菜に凝ったことがあります。しかし,3坪の庭ではどうせたいした野菜は作れないのです。たしかに,自分で作った取れたての野菜はおいしいです。ですが,それに慣れてしまうと,店で買った野菜がまずくて食べられなくなり,悲惨なことになります。
そもそも庭があったからといって,食べるものしか作ることを思い浮かばないというのは,卑しくないですか。たしかに花は無駄かもしれませんが,その無駄なものを育てる余裕こそが大事です。かつての日本は,家はみすぼらしかったかもしれませんが,庭先にはいろいろな花が植えられていて,それは美しかったものだと言います。それが今では,ちぐはぐなデザインの家で,まわりはアスファルトか芝生。全然美しくありません。何かおかしくないでしょうか。だからあえて花を作っているのです。

先日のシンポジウム「子どもたちの未来と、食を守るためのネットワーク」〜北海道の大地に種子をまこう〜ですが,明日5月28日6:00〜6:30,FM北海道にて放送されるとのことです。

その後,6:30から,NHKのBSプレミアムで週刊ブックレビューが児玉清さんの追悼番組として放送されます。週刊ブックレビューは大学生のときから都合がつけば毎週見ている番組ですが,やっぱり司会は児玉清さんと中江有里さんのコンビが見ていていちばん心地よかったです。
posted by onitoge at 23:24| Comment(0) | 日記