2011年05月21日

土づくり

昨日の17時の天気予報では,今日は雨が降らないはずで,畑をやる予定でいたのですが,起きてみると雨でした。今年は寒いのもありますが,降るは降るはでこれが五月雨というものでしょうか。雨の影響でタマネギの生育が平年の14日遅れだそうで,母の実家が玉ねぎ農家なので心配です。

わがまま言わずに雨でも仕事をすればいいじゃないかと人は言うかもしれませんが,雨のときに土をかき回すと団粒構造が崩れてだめなのです。

P1190945.JPG
花を見てきれいだと言っているようでは本物でない。本当の園芸家は花を作るのではなく,土を作るのだと言います。自分の作った土を独り占めする花にはむしろ嫉妬を感じるのだと。

物の本によると,土に鋤き込むものとして,次のものが掲げられています。
・家畜糞
・厩肥
・グアーノ(糞化石)
・腐葉土
・芝草土
・畑土
・砂
・わら
・石灰
・カイニット
・トーマス燐肥
・ベビーパウダー
・チリ硝石
・角粉
・過燐酸石灰
・ピート
・堆肥
・ビール
・卵の殻
・昼食の残りの骨を焼いたもの
・切った爪
・煙突の煤
・タバコのパイプの掃除くず
・マッチのもえかす
・猫の死骸
(カレル・チャペック「園芸家12カ月」)

今日は気晴らしに昼から富良野に行って来ました。
先日も書いた城宝種苗園は種だけでなく,土もオリジナルの商品が充実しています。
P1190944.JPG
バーミキュライトは蛭石を高温で焼いて発泡させたもので,ホームセンターでも普通に売られていますが,この細粒のものはなかなか売っているところがありません。播種時の覆土に重宝します。
シェルホールS(貝化石)は名前のとおり貝の化石です。2kgで160円。北海道では阿寒などいくつかの産地がありますが,化石という有限の資源にもかかわらず,単なる土壌改良材としてものすごい安い値段で流通しているのはもったいなくも思います。
パーライトは黒曜石などを高温で処理した粒状の用土でとても軽いです。今日店頭のPOPで初めて知りましたが,ピートバンの下に敷くと良いらしいです。
「エッグエース」は卵の殻そのもので今日初めて見ました。卵何百個分に相当するのかわかりませんが,これも1袋160円と申し訳ないくらい安いです。

P1190939.JPG
今日のフラノマルシェ。富良野市では6月1日から「北の国から」放映30周年記念事業が始まります。
http://www.kitanokunikara.furano.jp/




posted by onitoge at 22:29| Comment(0) | 日記