2017年01月10日

栗山のお話会

先日道新でも告知されていましたが、今日の夜、栗山で「農業・暮らし・むらの未来」を語る講演会があり、行ってきました。
P1570570.JPG
会場は旧雨煙別小学校で、現在コカ・コーラ環境ハウスという研修施設になっています。
P1570584.JPG
この校舎自体一度来てみたかったのですが、内部は元の構造を生かしながら、想像以上にきれいに改修されていました。
P1570606.JPG
お話会は、
・飯館村から移住した菅野義樹さん
・「『増刊現代農業』30年をふり返り、30年後のむらを考える」 甲斐良治さん(農山漁村文化協会編集局・論説委員)
・「著書、むらと原発から熟議の民主主義を考える」 猪瀬浩平さん (見沼田んぼ福祉農園×見沼・風の学校事務局長、明治学院大学准教授)
の3題。私も大学の同期で、早々に月給取りの生活を辞めて農に向かった友人が何人もいるのですが、やはり我々の世代というのはそういう世代なのだそうです。もう5年くらい上の世代だとそういうことはあまり考えられなかったとのこと。
P1570618.JPG
くりやまコロッケなどによる懇親会がありました。
P1570622.JPG
明日もツアーがあるので泊まりの方も多かったですが、最終のJRで帰ってきました。行きは栗山まで立ちが出るほどでしたが、帰りは岩見沢まで2両編成で乗客は私だけ。こういう状況をみるとJRが動いている以上は、やはり乗らなければと思いますね。
posted by onitoge at 00:31| Comment(0) | 日記

2017年01月08日

ベゴニア・パンジー

この冬は10月末から雪が降り続いたせいか,このところの晴天でもう春めいてきたような気がします。
昨年,ベゴニアとパンジーの種を播いたのが1月30日。もっと早く播いて良いと思ったので,昨日士別の大友種苗園に行ってきました。
P1570558.JPG
ベゴニアの種に関してはたぶん北海道でいちばん多くの種類を扱っている種屋さんです。毎年購入しているドラゴンウィングシーリズのレッドとピンクを2袋ずつ買おうと思ったのですが,今年はピンクを扱っていないとのこと。ドラゴンウィング・レッド3袋と,八重のクイーン・ピンクを1袋購入しました。
P1570465.JPG
今になって気が付きましたが,士別駅前通りのおやき屋さんが,「緑や太閤 ひつじ堂」という店に改装されていました。今まで気になりながら入ったことがなかったのですが,食事もしっかりとできます。
P1570462.JPG
メンチカツ丼をいただきました。
P1570476.JPG
今年は正月もどたばたで,初詣も行っていなかったのですが,7日にしてようやく不動尊で初詣。かつては士別の奥座敷として,参道に不動町が形成され旅館が並んでいたそうです。
P1570544.JPG
士別駅のサーターアンダギー屋さんも健在。昨年末に名寄駅のキヨスクも閉店した中,本当に貴重なことです。士別駅は近い将来改修される計画があると,この日の道新に載っていました。
P1570553.JPG
旭川に戻りオクノへ。セールまで待っていたというのも悪いのですが,西武のテナントがオクノに移ってから初めていくつか買い物をしました。店員さんたちも西武時代にすっかり顔なじみになってしまったので,いろいろお話してくださいましたが,やはりセール期間だというのにお客さんはおらず厳しそうでした。
フィールの地下は,この年末を経て少し盛り返してきたように見えますが,オクノのほうは,根本的に何かしないと,せっかく残った百貨店系のブランドが全滅しかねないように思います。
posted by onitoge at 23:24| Comment(0) | 日記

2016年12月04日

ありがとう留萌本線(留萌〜増毛間)お別れセレモニー

留萌本線の留萌〜増毛間が本日の列車運行をもって廃止となりました。
自分のこれからの仕事を考えたとき,いろいろなものをたたんでいくという役目を担っていくことになるのではないかという気がしています。歴史あるものの最後をどう閉じていくのか,その場で見てみたいという思いから,留萌駅でのお別れセレモニーに行ってきました。
留萌駅までは,旭川から沿岸バスで向かいました。留萌本線目当ての人は,2,3名と見え,意外と少なかったです。
20161204143247.JPG
お別れセレモニーは,列車の遅れの影響で14時30分開始。
JR北海道の須田会長のご挨拶。鉄道事業者として,なくしたくてなくすわけではない,やむを得ないのだという感じが伝わってきます。
続いて,留萌市長の万感の思いがこもった挨拶。お二方の挨拶は,最後に全文を掲載します。
20161204145043.JPG
深川からの増毛行列車は,30分遅れで到着。混雑のため,本日の留萌本線は終日30分〜40分遅れで運行していたようです。ただ,車内は激混みというほどではありませんでした。
20161204150658.JPG
多くの方に見送られて発車しました。各駅で見送りや乗降される方も多数。
20161204155434.JPG
賑わう増毛駅。
増毛駅のお別れセレモニーは残念ながら,JR北海道の中島社長の挨拶には間に合いませんでした。
mashike1.jpg
みなさんに見送られて発車しました。

まだ景気が上り坂にあり,新しいものにとって代わるという意味での,国鉄末期の廃線と異なり,今回の廃止は,本当の意味でのインフラの縮退が始まる歴史的な転機であるように思います。人の終わりは不可避で,その最期の迎え方は古来からのやり方で形式化されていますが,ものの終わりは我々の考え方しだいです。ものの終わりにこれからどう向き合っていくのか,今回の経験も一つの糧として,考えていければと思います。

【JR北海道 須田征男会長挨拶】
みなさんこんにちは。ご紹介いただきましたJR北海道の須田でございます。本日は年末大変お忙しい中,またお寒い中,ここにございますありがとう留萌本線,留萌・増毛間のお別れセレモニーにご参加いただきまして,誠にありがとうございます。
この留萌本線,留萌・増毛間,95年という大変長い歴史でございますけれども,その間,沿線の皆さんとか,お客様,大変長い間,ご利用を頂戴いたしました。本日お集まりいただきました,高橋留萌市長様,北海道議会議員の浅野様,留萌振興局の副局長の西崎様,大変お忙しい中ここにご参加いただきまして大変ありがとうございました。
私どもこの留萌本線につきまして,過去には大変賑わいのある線路でございました,特に増毛港からの水産物の輸送だとか,また石炭なり木材なり,そういうものの物資の輸送,こういうものに非常に長く携わった当時でございましたけれども,やはりモータリゼーションの発達等々によりまして,お客様の数もたいへん減ってまいったということでございます。それに加えまして,この留萌・増毛間,沿岸に近いということもございまして,雪崩とかそういう災害も多数頻発いたしました。脱線事故等も過去には発生しまったというようなこともございました。
それと併せまして,老朽構造物が非常に多くなっております。95年という歴史ある中での老朽化というものも,進んでまいってしまいました。そういう様々な事情がございまして,昨年の8月に沿線の自治体の皆さまにこの線区の鉄道事業の廃止をご提案させていただきました。沿線の自治体の皆さまに,非常に真摯にご議論をいただいたり,様々なアドバイスも頂戴してまいったわけでございまして,そういう中で本日この留萌本線,留萌・増毛間の最終の列車運行ということになったわけでございます。
私どもこの列車につきましては,本日で運行が終わるわけでございますが,やはりこの留萌地区は北海道でも有数の観光地ということでございます。また様々な歴史的なものがございます。私どももこれからも旅行業等々につきまして,非常に多くのお客様がこちらにお越しになるというようなことも,期待をしておるわけでございます。いろいろと今までに変わらないお手伝いができれば大変私どももありがたいというふうに思ってございます。
最後になりますけれども本日ここに留萌本線,留萌・増毛間の最終列車の運行の日に当たりまして,本当に長い間,地元の皆様方に,ご愛顧頂戴いたしました。また,様々な形で,自治体の皆さまにもご支援を賜りました。私どもこういう支援を,それから温かいご指導をいただきましたことを,肝に銘じまして,これからも一緒になってこの地区のご発展に,尽くしてまいりたいというふうに考えているところでございます。最後になりましたけれども,本日は大変お忙しい中,関係の皆様方,多く参列いただきました,私どもこの日をまた心に刻みまして,この地区の発展に尽くしていきたいと思います。それからここにお集まりの皆様方の,今後のご健勝を祈念いたしまして,わたくしからのご挨拶に代えさせていただきます。本日はどうもありがとうございました。

【留萌市 高橋定敏市長挨拶】
本日はみなさん本当にありがとうございます。昨年から,全国各地から足を運んでいただいた鉄道ファンの皆様方に,心から感謝の誠をささげたいと思います。
今朝,6時50分,留萌から増毛行の列車を,朝,見送りいたしました。車両は人で人で埋まっておりました。私は小学校時代,増毛のリンゴ狩りやさくらんぼ狩りに行くときに○○○○列車に乗っていたなと,そんな思いで見ておりました。2便の臨時列車は,私は○○で見送りさせていただきました。3両でした。その3両も人で人でいっぱいでした。中学校時代暑寒川に上るシャケのせんたいを見るのに学習の一環として行ったことを思い出しました。本当に素晴らしい自然環境だな。3回目,礼受町の駅で,見送りをさせていただきました。この列車も人であふれていました。山手線のラッシュアワーのように,大勢の人に乗っていただきました。海と山のほうを望みながら,高校時代,暑寒岳の登山のたびに,この列車を利用していたんだなということを,思い起こしました。留萌・増毛間,多くの人が利用していたこの列車に,いろいろな思いをもって,今日この日を,迎えたのではないかと思っております。
鉄路はなくなりますけれども,どうか全国からこの町を,見ていただいた,このまちの,この地域の魅力を見ていただいて,もう一度鉄路がなくなった後,どういうまちづくりが行われるのか,どういう姿で地域住民は頑張っているのか,その姿を多くの皆様方に見ていただきたいと思います。
改めて今日最終日,来ていただいた多くの皆様方に,心から,心から感謝を申し上げ,私からのご挨拶に代えたいと思います。本当に長い間95年間,ありがとうございました。
posted by onitoge at 23:13| Comment(0) | 日記