2016年05月15日

ジオフェスタ

本日上富良野町公民館・郷土館で開催されたジオフェスタに行ってきました。
P1420141.JPG
同時並行で3つくらいのプログラムが進行する多彩なイベントでしたが,大ホールのほうをずっと見てきました。
P1420198.JPG
ふらの・ものがたり文化の会による朗読会「楢ノ木大学士の野宿 第1夜」
P1420214.JPG
北海道教育大学旭川校・和田恵治先生,徳山大学柚洞一央先生の講演に続き,パネルディスカッション。郷土をさぐる会の中村会長のお話は,もっとお聞きしたいところでしたが,時間切れになったのは心残りでした。
P1420251.JPG
2階研修室のジオパーク特別展示。
十勝岳ジオパークは,昨年からの3年計画で,来年度の申請を目指しているそうです。ずいぶん性急な動きだなと思ったのと,外からの人の風が若干強すぎるようにも感じました。いままで地道に活動してきた人たちが,ついていけないと感じるようではいけません。
また,今日はそういう位置づけでなかったのかもしれませんが,大正泥流から90年というこの機に,ただ災害を記憶にとどめる,悲劇を繰り返してはならないということだけではなく,災害の意味,そしてどう復興したか,なぜ復興したのかということを,あらためて掘り下げてみたいものです。たしかに90年たってもなお,こうしてイベントが開かれ,新聞などでも多く取り上げられるのは特筆すべきことですが,ややその辺のテーマの深まりが浅くなってきているように思います。
aruku.png
ジオパークについてはあまり知らないのですが,実は,3月の鬼峠フォーラムの「鬼峠ツーリズムの可能性を考える」という中で少し触れました。たぶん,ここにある歩くツーリズムや屋根のない博物館の系譜の中で,いま最も,制度的に,またネットワークとして,うまく回っているしくみを持つのがジオパークで,やろうとしていることは周辺の概念と変わらないのではないのかと思います。
なので,外からお墨付きをもらえそうな要素を集めてジオパークにするのではなく,ジオということにはあまりこだわらず,いままで地元でやろうとしてなかなかつながらなかったことを,この仕組みを利用してうまく組み立てていくことができないだろうかと思いました。
posted by onitoge at 22:01| Comment(0) | 日記

2016年05月10日

苗の近況

桜は散りましたが,朝晩はまだ冷え込むため,花・野菜の苗は家の中に出したりという日が続いています。
P1420105.JPG
毎年同じようなことをやっているわけですが,なぜか今年はうまくいかない種類があったり,思いのほか順調な種類があったり,なかなか単純にはいきません。

野菜の作り方というのは,確立されているようでいて,まだまだ解明されていない面があります。なので,経験則や思い込みにとらわれず,常にできるだけ新しい知識をとり入れたいものです。
P1420108.JPG
北海道向けの野菜作りの指南書も,古くからいろいろ出ています。「家族で楽しむ北国の家庭菜園」は1996年刊行で現在も版を重ねている良書です。2014年刊行の「北国の野菜づくり49種」はやや専門家向け。
P1420109.JPG
今年の新刊「ステップアップ北の家庭菜園」は,野菜の生い立ちに関する記述から始まり,イラストも豊富で,「家族で楽しむ北国の家庭菜園」とともに座右の書となりそうです。
ただ,トマトが1本仕立てを標準としていたり,肥料が化成肥料ありきなのはどうなのかという気がします。私は苗の段階では化成肥料のハイポネックスを使いますが,畑に下ろしてからは,東商の発酵油粕と骨粉だけで最近は病気や虫もつかずまったく問題なくできています。本当に使うべき肥料は何かということも,実はまだ解明されていないことなのではないかとも思います。
posted by onitoge at 22:48| Comment(0) | 日記

2016年04月29日

十勝岳大正泥流90周年

死者行方不明者144名の被害となった,大正15年5月24日の十勝岳噴火からまもなく90年を迎えます。今年もいろいろな記念行事が企画されていますが,10年前の80周年記念行事を振り返ってみたいと思います。
20060524160119.jpg
2006年5月24日,上富良野町開拓記念館前での泥流被災80周年追悼式会場。岡田弘先生もご家族で参列されていて,小学校のとき先生の講演を聞いたことなどお話させていただきました。
20060524180410.jpg
同日,町武道館で行われた三浦光世さんの講演会「人生の苦難と幸福」。小説『泥流地帯』は,かなり三浦光世さんの思いも込められていることなどお聞きしました。
20060524171714.jpg
2006年5月20日〜28日,上富良野町郷土館と公民館大ホール・第3研修室の3会場を使って行われた「十勝岳大噴火泥流災害80周年回顧展」。
20060701132412.jpg
2006年6月6日〜8月27日,スガノ農機の博物館土の館に会場を移して行われた回顧展。
80.jpg
回顧展初日の6月6日には土の館で十勝岳泥流災害80周年「被災・復興を語る回顧の集い」も開催されました。
被災者の方も80歳代,90歳代でまだまだお元気。この集いには行けなかったのですが,ホームページの縁で記録DVDを提供してもらうことができました。当時,90周年のときもまだみなさんお元気なのではと話していたのが思い出されます。

今年の90周年の記念行事は次のようになっています。
・4月26日 18時〜 小説『泥流地帯』講演会 講師;森下辰衛氏 会場:上富良野町かみん
(行けませんでした。残念)
・5月1日〜6月29日 特別展 小説『泥流地帯』生きる,をつなぐ 会場:後藤純男美術館
・5月15日 12時〜 第1回ジオフェス 十勝岳大正噴火90年の歩み地球の息吹と災害,そして復興へ 会場:上富良野町公民館,郷土館
・5月22日 8時〜 フットパス「泥流地帯の道」を歩く
・5月22日 18時〜 朗読会小説の舞台十勝岳で『泥流地帯』を読む 会場:後藤純男美術館
・5月24日 16時〜 追悼式典 会場:上富良野町開拓記念館
・5月24日 16時15分〜 防災無線による向山上富良野町長メッセージ放送
・7月1日〜8月31日 特別展 小説『泥流地帯』生きる,をつなぐ 会場:上富良野町かみん
・9月1日〜10月31日 特別展 小説『泥流地帯』生きる,をつなぐ 会場:土の館

大正15年の爆発当時,村長吉田貞次郎は41歳,私の曽祖父は34歳で村議をしていました。同じ三重団体出身どうしで,復旧に奔走したものと思いますが,結局曽祖父は見切りをつけて十勝に移住をしました。既に隠居していた親2人に子供も4人いる中での苦渋の決断だったのだと思います。そのときいた子供の1人である大叔母はまだ健在で,泥流のことも良く覚えていて語ってくれます。大正泥流はまだまだ過去のことではありません。
posted by onitoge at 20:09| Comment(0) | 日記